ブリーダーに関する情報が満載!

動物達のパートナー

ブリーダーは犬や猫だけではなく、人も育てる。

近年、ペットブームを背景に、多くの家庭で犬や猫などのペットが飼われるようになりました。
そうしたこともあって、ペット産業も年々伸び続け、規模が拡大しています。
そうした中、ペットを育て上げるブリーダーのニーズも高まりを見せています。
動物にはしっかりとした意思や感情があります。
決して物ではありません。
命を飼うと言うことは、それだけの責任感と知識、思いやりが必要となります。
間違った飼育方法は、ペットを傷つけるだけではなく、周りの人へも大変な迷惑になってしまい誰にも良いことがありません。
ブリーダーは、動物を育てるだけの仕事ではなく、そうしたペットを飼っている飼い主も育てる仕事でもあります。
ペットを飼う人が増えている今こそ、ブリーダーの役割はとても大切で必要とされている存在です。
正しいペットの飼い方やしつけ方法、散歩時のマナーなど正しい知識を共有して、人間も動物も暮らしやすい環境を作ることが、動物たちを守ることにつながっていきます。

犬や猫と言った動物の専門家であるブリーダー

血統書が付いている動物の繁殖や、行動面を含んだ総合的な指導や育成を行なう専門家のことをブリーダーと言います。
主な仕事内容としては、特定の種類または血統の動物を専門として、大会等へ出場し、トップを狙える様な動物に育てていくことが挙げられます。
犬や猫に関する専門知識が必要となるのは勿論、繁殖や種の維持について等の特別な技術や知識も必須となります。
また、ペットショップ等で販売されている犬や猫と言った動物に関しては、繁殖や飼育をブリーダーが担っているケースが多くみられます。
ブリーダーの仕事に就くためには、特別な資格を有する必要は無いと言われているものの、動物取扱責任者になることと協会への登録が必要となります。
ただ、仕事上、専門的な知識や技術等は身につけておきたいものであり、ペット栄養士や動物看護師と言った資格を有している方が良いと言われています。
また、愛玩動物飼養管理士、ペットシッター、ペット看護師等の資格を持っていることで、緊急時の対応にも役立ちます。

おすすめWEBサイト 5選

大阪で防犯カメラを設置するなら
http://www.biblenetworknews.com/

Last update:2017/3/1

↑TOP PAGE